SVM ~出来ること~

SVM ~出来ること~


(基本的に二値の)正解データを複数の特徴で分類して
将来的にその分類規則を用いて特徴のみを用いて
正解データを判定する。


男・女という分類したい特徴の正解データと
髪の長さ・身長・体重などの男・女を分ける特徴が
あるとして、まず学習段階では実際わかっている
男・女のデータと特徴を使って分類規則を作る。

その後、実際男・女どちらかわからないが
髪の長さ・身長・体重などの特徴だけあるデータを
男か女なのか分類する。

次項

線形SVM ~アルゴリズム~ 線形識別関数①

SNSでもご購読できます。

コメントを残す