Watsonとは

Watsonは、IBMが開発した質疑応答システム・意思決定支援システムです(Wikipedia)。
IBMはWatsonを人工知能と呼ばず、「コグニティブ・コンピューティング・システム」と紹介しています。米IBM基礎研究所のバイスプレジデントDario Gil氏は、AIは人が行う作業をコンピュータが行うもの、コグニティブシステムは人がより良い作業が行えるようにサポートするものであり、両者はゴールが違うと説明しています(人工知能と“コグニティブシステム”は目指すゴールが決定的に違う)。
私は、Watsonの利用方法によって、人が行う作業をコンピュータが行うもの、すなわちAIに位置づけされるとおもうので明確に定義する必要はないと思いました。

Watsonはあくまで「ブランド」です。なので、目的に適したWatsonのAPIをいくつか使用する必要があります。APIの種類は主に以下の通りです。

  • Natural Language Classifier
  • Retrieve and Rank
  • Document Conversion
  • Conversation
  • Speech To Text
  • Text To Speech
  • Visual Recognition

本ブログでは、これらのAPIができること・使用方法を紹介し、チャットボットを作成することを目標とします。

この記事のまとめは以下の通りです。

本記事のまとめ
・Watsonは、IBM様が開発した質疑応答システム・意思決定支援システム。
・Watsonは「ブランド」。目的に適したAPIを使用する必要がある。

 

 

 

参考文献
井上研一(2016)『初めてのWatson APIの用例と実践プログラミング』リックテレコム.

参考サイト
Wikipedia(ワトソン)
人工知能と“コグニティブシステム”は目指すゴールが決定的に違う

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Josefina より:

    loans for disabled
    loans online
    direct payday loan lenders no third party

コメントを残す