Watsonは、IBMが開発した質疑応答システム・意思決定支援システムです(Wikipedia)。
IBMはWatsonを人工知能と呼ばず、「コグニティブ・コンピューティング・システム」と紹介しています。米IBM基礎研究所のバイスプレジデントDario Gil氏は、AIは人が行う作業をコンピュータが行うもの、コグニティブシステムは人がより良い作業が行えるようにサポートするものであり、両者はゴールが違うと説明しています(人工知能と“コグニティブシステム”は目指すゴールが決定的に違う)。
私は、Watsonの利用方法によって、人が行う作業をコンピュータが行うもの、すなわちAIに位置づけされるとおもうので明確に定義する必要はないと思いました。

続きを読む